フォントを視る

『ゼノブレイド2』のフォントを視る

好きな作品のフォントを視て学ぶコーナーです。

ロゴ

英字にはHelvetica Blackが使われています。この画像だとかなり雑に並べただけですけど実際のロゴは綺麗に整えられていますね。

下のカタカナ部分はたぶんニタラゴルイカまたはロダンNTLGタイプラボNです。たくさん候補を挙げたのは何故かというと、この3つのフォントはカナ部分が同一だからです。でもよく見るとロゴのフォントとは似てないんですが、「ゼ」と「レ」の形が特徴的なので、これらのフォントを元にアレンジがされているのではと考えました。

ちなみに、ロダンNTLGはデレステで、タイプラボNはガルパで使われているようです。ニタラゴルイカは無料お試しできます。

ニタラゴルイカ
http://www.type-labo.jp/Hanpunitalago.html
ロダンNTLG EB
https://fontworks.co.jp/fontsearch/item?RodinNTLGPro-EB
タイプラボN H
http://www.morisawa.co.jp/fonts/specimen/1229

各話タイトル

“とめ・はね・はらい”がしっかりしていて、明朝体というよりは教科書体と呼ばれる部類のフォントが使われています。フォントワークスのユトリロがほぼ一致しました。綺麗に文字詰めされていて、文字の身長も95%くらいに低くされています。

ユトリロ DB
https://fontworks.co.jp/fontsearch/item?UtrilloPro-DB

UI

カットシーンの字幕や、通常会話での吹き出しテキスト、そして全体的なUIにはフォントワークスのスキップが使われています。

スキップといえばゲームUIフォントのド定番。ペルソナ3・4あたりがきっかけでこのフォントが流行して認知度が大きく上がったように感じます。

とはいえ、ゼノブレ2では斜体にして使われてるので、「どこかで見たけど何だっけ」という感じで一瞬では気付かなかった方もいたのではないでしょうか。斜体にしただけでわりと印象が変わりますね。また、文字の身長が105%くらいに上げられています。

スキップ M
https://fontworks.co.jp/fontsearch/item?SkipStd-M

例の文字

多くは語れませんが例の文字です。「α」の角がとても個性的で、同じ形をしたフォントはTrebuchet MSでした。でもこのフォントだと頭文字の「π」の形が違います。加工して傘を切除してもいいし、他のフォントを採用してVerdanaと組み合わせるのが一番楽だと思います。

下の細かいテキストは「Q」のしっぽの長さが特徴的です。このフォントはTrajan Proですね。ちなみにこのテキストですがこのようなことが書かれています。

IUSTORUM AUTEM SEMITA QUASI
LUX SPLENDENS PROCEDIT ET CRESCIT
USQUE AD PERFECTAM DIEM

正しい者の道は、夜明けの光のようだ、いよいよ輝きを増して真昼となる。
旧約聖書 箴言 第4章18節

これら3つのフォントは最初から入ってるやつなので紹介リンクは無し。

『ゼノブレイド2』のフォントを視る